<< FISMA TOKYO 2009入場者数 | main | FISMAの報告 第一弾 >>

JUKI ぬいひめ供複腺圈檻横牽娃亜砲僚ね

3日間修理を全然やってなかったので昨日はたまってる修理をやりました。
今日はそのひとつをアップ(アニメーションver)します。

JUKIさんのスーパーザ・ミシンぬいひめ供。腺圈檻横牽娃ドライバー



スタートボタンを押しても動く時と動かない時があるという故障です。
スタートボタンの基板の反応が悪くなってるんですね。
普通ならメーカーさんから部品を取り寄せて交換すれば済むんですが、残念ながらこのミシンは20年ほど前のミシンなのでメーカーさんからの部品供給は終わっています。
当店が下取りなどした中に同じミシンがあればそこから部品が取れるんですが、この機種はありませでした涙

でもお客さんは修理を希望しているので何とかしますよグー
毎度のことですがこんな時助けてもらえるのが先日のFISMAでも一緒だった組合の仲間です。
仕事上ライバルでもありますが、お互い困った時は助け合います。

今回も早々に部品取り用の似たミシン(よく見てもらうとちょっと違う)が見つかりました。
 
右の写真はフロントパネルをバラした裏側の基板です。

液晶パネルの裏の基板は完全に違うんですが、スタート基板は似ています。
修理するAT−2800という機種はHZL8800とは同じ機種なんですが今回部品取り用に見つかったHZL9900はちょっと新しい機種です。
  
青い四角く囲った部分の液晶パネルにつながっている注し込みが違います。

でも基板自体は一緒なので少々加工して代用しましたピース
 

最後にひと通りの点検と注油をして完成OK

注意もちろんお客さんに中古の部品を使用する事は説明した上での修理です。
古いミシンでも現行モデルと同じ部品を使っている物もあるので今でも新品の部品に交換可能なケースもありますが基板はその機種しか合わない事が多いです。
それでも色々な業者さんとのつながりで中古部品が見つかるよう最善の努力はしますので古いミシンの修理で困った時はご相談下さい。
当然新しいミシンもOKですよ。
縫製機械整備士という確かな技術と、ミシン組合のつながりを活かして修理しますので直らないミシンはありませんはてな・・・少ししかありません汗・・たまにはあります涙

修理だけじゃなく買い替えや新しく購入したい方、洋裁を楽しみたい方なんでもご相談下さい。

ボビンズミシン  0120−15−3481

ホームページはこちら
posted by: ボビンズミシン | 修理 | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。