<< ベビーロック ふらっとろっくBL−72Sの納品 | main | お揃いのポーチ >>

ジャノメ Memory Craft6000の修理

こんにちは笑顔

最近、卒業式のニューステレビをよく目にします。
別れの季節なんですね悲しい
でも、もうすぐ4月です。
新しい出逢いの季節さくらです。
当店でも新しいミシンを購入にくるお客さんも増えるし、逆に古いミシンの修理をして手作りを始めるお客さんも増える季節なんです。

そんな時期の今日はジャノメさんのMemoryCraft(メモリークラフト)6000の修理です。



このミシンの修理は過去にも何度か書いてると思いますが今回の依頼内容は初めて書くような気がはてなします。(たぶん)
その内容というのはかっこ薄いものは縫えるけどちょっと厚くなると布が進まないかっこです。

原因はこれ

 

左右の写真の送り歯の高さの違いが分かってもらえるでしょうかはてな
非常に微妙な違いなのでわかりずらいかとも思ったんですが一応カメラ撮ってみました。

両方とも送り歯が一番高い位置で撮影したんですが、左の写真の方が少し低いんです。
ですから左の写真が直す前です。

これでは薄物はなんとか送れてもちょっと厚いとほとんど進まないでしょうね顔

ミシンの修理ってほんとにびみょ〜な違いが多いので写真で表現するのは難しいんですが、これからも少しでも分かりやすく記事にしていきます。

ミシンは無事きれいに縫えるようになってお客さんにも喜んでいただきよかったです笑顔
posted by: ボビンズミシン | 修理 | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。