<< レンタルスペースのお客様 | main | 縫製機械整備技能士 1級 合格 >>

ジャノメ Rutina4500の修理 

平成22年3月の最終日、平成21年度の最終日も元気におはようございます笑顔

ジャノメさんの電子ミシンRutina4500(ルティーナ4500)の修理です。
さいたま市南区から来店いただきました車



今回はちょっと珍しい故障です。

何が珍しいって点々
ズレぐあいが点々

何のって・・・
針の落ちる位置です。

よく分からないですよねすいません

かっこ針が何かに当たるかっこという場合多いのは・・・
・一番ありがちな針が曲がってる
・釜のタイミングがズレて釜に当たる
・針落ちの前後がズレて針板や釜や押えに当たる
・針棒が下がって釜に当たる(これも少ないかな)
今パッぱっと思いついたのはこんな感じですが今回は・・・

とりあえず写真見てください。

 

かなり右の方にズレちゃってます0口0
これじゃあ縫える訳ないですね涙

針落ちが左右に多少ズレる事はたまにあるんです。
厳密に言えばズレてるというレベルで縫うにもミシンにもほとんど問題ない範囲の話しですが。

僕もこんなにひどいのはかなり久しぶりに見ました。
もちろん直らない故障じゃありませんよピース
ただこれだけひどい状態だったので他の部分も丁寧にチェックしておきました。
posted by: ボビンズミシン | 修理 | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。