<< ブラザー アスティナ CP961の修理 | main | 洋裁便利グッズ:ファブリックウエイト >>

ジャガー コンパクトミシン 548PWの修理

こんばんは夜
昨日、東京に行くと書きましたが東京ミシン機友会の役員会に行ってきた店長です。
集合時間に間に合わなそうでしたがダッシュ急ぐしてセーフでしたあせり

今日はJAGUAR(ジャガー)のコンパクトミシン548PWの修理ペンチです。

P1020299.JPG

目とびして縫えない・糸立てが折れた困ったとさいたま市大宮区から来店されました。

P1020302.JPG

スピード切替のレバーの先にあるカバーも無くなっていました↓

P1020303.JPG
機能的には問題ありませんが点々

かなり赤い生地を縫ったのか、赤っぽい縫いボコリもたまっていて、内釜の下に折れた針もありました↓

P1020305.JPG

そして目とびの原因は↓

P1020317.JPG
コンパクトミシンにありがちな、厚地を無理して縫ったりすると起こりやすい釜のタイミングズレNG

自分がお持ちのミシンの性能などを把握して無理なく大事に使ってほしいです。
買うときに後悔しないよう実際に試し縫いなどをして、自分がどんな目的でどんな物を縫いたいのかを詳しい店員さんに相談して選べば後悔をする確率は減ると思いますよ。
posted by: ボビンズミシン | 修理 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。